兼松株式会社Kanematsu Corporation.
Recruitment Information

メニューを開く
Menu
メニューを閉じる
Close

ADVANTAGES 兼松は□である。

130年近い歴史の中で培われた知識・技術・経験・お客様とのつながりを活かし、
日々新しいビジネスと新しい感動を創造すべく挑戦し続けている兼松。
ここでは、そんな兼松の強みや特徴をお伝えします。

ADVANTAGE 01

ADVANTAGE01

兼松は[事業創造集団]である。

昨今、投資会社の側面が強まっている総合商社ビジネス。
兼松は総合商社でありながら、事業創造に重きを置く独自のポジションをとっている。1を10にするのではなく、0から1を生み出す、そんなビジネスを展開している。花に例えると、利益を生むまでのプロセスとして、投資はある程度育て上げられた苗を買い上げることで花を咲かせる。一方、兼松は、種から育て上げて花を咲かせる。この種から苗にまでする(0から1を生み出す)部分がまさに事業創造である。

資本力を活かして事業を買収するのではなく、お客様と一緒になって事業を創造していく。結果として、兼松は他社の入り込まないニッチトップをいくつも確立している。顧客のニーズを創造し、実現する。兼松の事業創造は常にお客様の為にある。

COLUMN

兼松がこのスタンスを守ってきた背景には、創業者・房治郎の『起業家精神(伝統的開拓者精神)』が強く影響しています。投機的な資源ビジネスへの事業投資ではなく、お客様ありきの事業創造を目指すその理由には、創業者のDNAが色濃く根付いています。

ADVANTAGE 02

ADVANTAGE02

兼松は[少数精鋭]である。

他商社に比べて兼松の従業員数は決して多いとは言えない。少数精鋭とは、規模感にかこつけて出た言葉かもしれない。ただ、兼松単体の1人当たりの売上高は5億8000万円。数字が大きければいいというものでもないが、年間で一人が約6億円の仕事を背負っている。営業社員ベースで言えば一人当たり約10億円。「裁量が大きい」という言葉では生ぬるく聞こえる程に、兼松パーソンのプレゼンスは高い。

もちろん一人一人の勉強量・負担・責任は大きくなる。その経験を通して、一人の人間として、一人のビジネスパーソンとして確実に成長できる。それは自らが主導して新規事業を立ち上げたり、時には新規に会社設立(起業)することをも意味している。これが『事業創造集団・兼松』の姿であり、これからも目指し続けるところである。

COLUMN

2016年3月期連結売上高は1兆628億2,200万円。営業利益は176億6,100万円でした。営業利益とは本業での儲け(収益力)を表す指標であり、従業員数で割ると、「従業員一人あたり、どれくらい稼いでいるか」ということの指標として捉えることができます。当社の連結従業員数は5,832名(2016年3月時点)ですから、営業利益/従業員数=3百万円。これは他商社との比較においても非常に高い数字です。

ADVANTAGE 03

ADVANTAGE03

兼松は[自由闊達]である。

『起業家精神』『企業内起業家』を標榜する兼松だからこそ、仕事においてはフラットな環境のもとで、良い意見があればそれを吸い上げるだけの風通しの良さが社内に漂っている。個々が互いの意見を尊重し合う環境だからこそ、おのずと自由闊達な社風は醸成され、それが兼松特有の一体感を生み出している。

COLUMN

社内では、役職者を「部長」「課長」などと役職名を付けて呼ぶ場面はあまりなく、各人が互いを「さん付け」で呼び合う文化があります。また、社内イベント(運動会やソフトボール大会など)での盛り上がりは随一で、2013年秋に実施した運動会では約1,500名(兼松単体の人数は800名)が集まりました。こうしたイベントでも兼松の一体感が発揮されています。

ADVANTAGE 04

ADVANTAGE04

兼松は[ボーダーレス]である。

商社で働く魅力の一つにグローバルなビジネスフィールドが挙げられるだろう。少数精鋭の兼松は社員の海外駐在比率も高く、その期待に十分に応えられる。現在、広域社員約600名のうち、海外駐在員は約130名。これに加えて、年間10~20名の若手社員が研修実習生として、世界各国に飛び、世の中に新しい価値を提供すべく日々奮闘している。実に、広域社員の4人に1人が海外に身を置きながら、事業の創出に向けて果敢に挑戦していることになる。兼松パーソンが活躍しているフィールドはまさにボーダーレス。世界各国で大きな夢に向かって奮闘しているのだ。

COLUMN

Special Contents「君の商売は語れるか」では、日本とは異なる文化や商習慣のなかで活躍する社員たちを紹介しています。異国の地で働くことの魅力を感じられるはずです。